格安SIMのサービスシェア率「OCN」「IIJ mio」「BIGLOBE」「b-mobile」の4社で過半数超え

news-150619

格安SIMのサービスシェア率「OCN」「IIJ mio」「BIGLOBE」「b-mobile」の4社で過半数超え

MM総研からMVNO契約数に関する最新のデータ発表がされました。その中で格安SIMサービスについての調査も発表されていたので今回はその部分を取り上げたいと思います。

外部リンク:国内MVNO 市場規模の推移(2015 年3 月末)

SIMサービスの回線契約数は「326万件」前年度より大幅増加

1434524342-3

MVNO 市場規模実績(MM総研より抜粋)

格安SIMを提供する「独自サービス型SIM」の項目が2014年3月末の「173万件」から2015年3月末には「326万件」まで増加しています。モバイル市場全体としては1.8%とまだまだ低いシェア率ですが、格安SIMサービスの認知度などは徐々に広まってきているので、今後も増加が期待されます。

SIMサービスの各社シェア率

国内MVNO各社のシェア率:MM総研より抜粋

国内MVNO各社のシェア率(MMD研究所より抜粋)

2015年3月末時点において格安SIMサービスを提供するMVNO各社のシェアでは「OCNモバイルONE」を提供するNTTコミュニケーションズが22.6%(73.8万回線)で1位、 次いで「IIJmio SIM」などを提供するインターネットイニシアティブが16.4%(53.6万回線)「BIGLOBE LTE/3G」を提供するBIG LOBE(ビッグローブ)が7.1%(23.3万回線)「b-mobile」ブランドなどの日本通信が5.3%(17.2万回線)となっており、上記の4社が国内MVNOシェアの過半数を獲得しています。

「OCNモバイルONE」の特徴(国内MVNOシェア率22.6%)

ocn

格安SIMサービスとしては「OCNモバイルONE」を提供するNTTコミュニケーションズが1位のようです。月額金額的には他のMVNOと比べるとそこまで安くはないですが、NTT系列という安心感から選ばれる人が多いのかもしれません。また、サービス面としては公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)が無料で使える点や、本来月額300円かかるIP電話サービス「050plus」が基本料金無料で使えたりと他のMVNOにはないサービスも充実しています。シェア率は22.6%と2013年3月末の23.7%と較べやや下がってきていますが、契約数は増加しており、さらに通信容量でいうと、2015年4月1日より通信容量が大幅アップしていますので、既存ユーザーからしても他の格安SIMに乗り換える理由もあまり考えられません。以上の結果から、しばらくはMVNOシェア率の1位をキープしてゆくと思われます。

OCNモバイルONEのSIMプランや紹介ページはこちら

「IIJ mio」の特徴(国内MVNOシェア率16.4%)

IIJmio

「IIJ mio」などを提供するインターネットイニシアティブはシェア率2位となっています。シェア率自体は前年比+1.9%増と順調にシェア率を上げてきています。通信容量3GBのSMS付きプランが月額1,040円とOCNに比べて若干安い(OCNはSMS付きで月額1,220円)のとIIJとビックカメラが共同で発売しているBIC SIM(ビックシム)を使えばWIMAXの公衆無線LANエリアなどが使えるWi2 300(ワイツー300)が無料で利用できるのも特徴です。IIJ mioもOCNと同じく2015年4月1日より通信容量が大幅に増量しています。ちなみに管理人はこのIIJ mioのSIMを利用しています。他社と比べたことが無いため個人的な見解ですが通信品質の良さを売りにしている点や動作確認端末の発表が最新機種も早く掲載されるため、安心して利用することが出来ています。現状ではサービス面でも価格面でも特に不満点がないので今後も使い続けていこうと考えています。

IIJmioのSIMプランや紹介ページはこちら

「BIGLOBE」の特徴(国内MVNOシェア率7.1%)

biglobe

「BIGLOBE LTE/3G」を提供するBIG LOBE(ビッグローブ)はシェア率3位となっています。シェア率は前年比+1.9%増となり、前年は4位だったシェアが日本通信とひっくり返って3位に浮上しました。価格面では容量3GBのプランが月額900円(SMS付きで1,020円)とSMS付きならば「IIJ mio」より20円安いです。BBモバイルポイントを使った公衆無線LANサービスも無料で使えるためこの辺りも嬉しい特典と言えます。もちろん「OCN」や「IIJ」と同じく2015年4月1日に通信容量の増量をしています。BIG LOBEのMVNOサービスで個人的に注目しているのはWiMAX2+とSIMを同時契約するとSIMプラン(容量3GBのエントリープラン)の月額が12ヶ月間無料となるサービスです。WiMAXを使わない人には全く関係ないとも言えますが、WiMAXもSIMも両方使いたいユーザーにとっては非常にお得なサービスと言えます。

BIG LOBEのSIMプランや紹介ページはこちら

「b-mobile」の特徴(国内MVNOシェア率5.3%)

logo_bmobile

「b-mobile」ブランドなどを提供する日本通信は国内MVNOシェア第4位となっています。昨年の国内MVNOのシェア率と比較すると-5.1%減と大幅にシェア率を落としてしまっています。ただしMVNO市場全体の新規契約回線数は前年の倍近く増えているため契約数が落ちたのではなく、他のMVNO業者の新規契約数が増加したのだと考えられます。シェア率が抜かれてしまった原因を考えてみると、他の上位3社と比べて通信量と月額利用料金がやや高い印象を受けます。VAIO端末専用SIMやイオンなどの量販店で買える音声機能付きスマホなど、通話機能付き端末においてはオリジナリティのあるサービスがありますが多くのユーザーの獲得には至らなかったようです。また、上位3社に比べ公衆無線LANサービスが無いこともマイナスだったのかもしれません。しかし「b-mobile」は新プランとして月額500円からSIMが使える5段階定額制サービス「おかわりSIM」を2015年6月10日よりスタートしたので、価格面では他のMVNOに負けないサービスとなっています。今後の巻き返しに期待ができるかもしれません。

b-mobileのSIMプランや紹介ページはこちら

まとめ

格安SIMサービスにおいて上位4社で50%を占めていることに関しては驚きでした。最近テレビCMを出している「DMM mobile」や「NifMo」au系のSIMサービスである「mineo」などはまだまだシェアが少ないようですね…(^_^;)

もっともっと多くの人が格安SIMを知ってもらえるよう、情報の発信を頑張ります。

スポンサーリンク