SIMカードサイズの違い

SIMカードサイズの違いについて

ここではMVNO対応スマートフォンに差し込むSIMカードのサイズの違いについて解説しています。 MVNOで格安SIM運用する場合に気をつけないといけないことが1点あります。 それは「SIMカードサイズの違い」についてです。

・SIMカードには3種類の規格がある

スマートフォンにはApple(アップル)のiPhone(アイフォン)を始め、SONY(ソニー)のXperia(エクスペリア)、Samsung(サムスン)のGALAXY(ギャラクシー)など様々な機種があります。

その発売されているスマートフォンのほぼ全ての機種には「SIMカード」と呼ばれる契約情報などが記録されたICカードが必要となります。格安SIMでスマホ運用をする場合でもMVNO事業者との契約の中で必ずカードサイズを指定する項目があります。SIMカードのサイズは現在「標準SIM」/「micro(マイクロ)SIM」/「nano(ナノ)SIM」の3種類があります。

余談ですがSIMカードの規格は欧州のETSIという機関が決めている世界基準の規格になるため、国内でも海外でもSIM規格は統一化されています。

同じメーカーでも発売された時期によって「SIMカードサイズの規格」違うため、欲しい機種が決まったらその機種がどのSIM規格に対応しているか、契約したいMVNO事業者がそのSIMカード規格を取り扱っているか?を事前に必ず確認しましょう。

SIMカード規格一覧

SIM規格名 画像 カードサイズ(縦×横)
標準SIM simcard-normal 25mm×15mm
micro(マイクロ)SIM simcard-micro 15mm×12mm
nano(ナノ)SIM simcard-nano 12.3mm×8.8mm

標準SIMについて

スマートフォンが発売された当初に多く対応していたSIM規格サイズです。 有名な機種では「iPhone3/3GS」「Xperia SO-01」「GALAXY S SC-02B」など スマートフォン初期の機種に多く採用されています。現在でも一部の海外メーカーのスマホ端末や タブレット端末では存在するようですが現在ではあまり搭載されていません。

micro(マイクロ)SIMについて

2010年ごろから登場したSIM規格サイズです。スマートフォンの爆発的な増加に伴い一気に普及しました。 有名な機種では「iPhone4/4S」「Xperia Z/Z2」タブレット端末では「iPad1/2/3/4」「Nexus 5」など 2010年~現在でも多くの機種で搭載されています。スマートフォンもタブレットも多くの機種が発売されているSIM規格です。

nano(ナノ)SIMについて

スマートフォンの軽量/コンパクト化に伴い近年で増加しつつあるSIM規格です。 有名な機種では「iPhone5/5s/5c/6/6plus/6s」「Xperia Z3」タブレット端末では「iPad mini/air」など 最新機種などに搭載されています。

SIMカードサイズはnano(ナノ)SIMが一番使える?

nanoSIMであれば、カードサイズが合わないスマホに差し込む場合であっても、amazonなどで探せばSIMカードのサイズ変換をしてくれる専用アダプターが存在しています。microSIMのカードをnanoSIMのスマホに差すことは出来ませんが(カードを削る方法もありますがオススメしません)、アダプターを使えばnanoSIMのカードをmicroSIMなどのスマホで使うことも可能となります。

ただし、こういったアダプターを使う方法も、正式な方法とは言いがたいので、スマホのSIMカードサイズはそのサイズに合ったカードを選ぶことが適切といえるでしょう。

スポンサーリンク